味彩あらいは神埼市千代田町の田んぼの中にたたずむお店です。四季の花々をめでながらお食事をお楽しみいただけます。

 

あらい花公園

 

あらい花公園

あらい花公園
フォーム
 
カブト養殖場完成
2022-09-02
カブト養殖場が完成しました。土止め資材は我が家のもの。私だんしゃりできないので、なんでも捨てずにとっておきます。
山のようにたまったゴミでもいつかは役にたちます。場所があるからできることなんですが。
よく見ると卵の殻(右写真)がみえます。卵の殻は生ゴミ発酵できませんでしたがいずれは溶け込みカルシウムとなります。
釣りよかさん、さあ用意はできました。また、来年5月下旬に来てください。カブトが羽化し始めたら連絡します。
ヨーライさん、待ってま~す。次回は3,000匹カブトムシで~す。
 
「釣りよか1,000匹カブトムシ」の動画の産卵場造成まもなく完了
2022-09-01
台風の大雨前には完了しようと炎天下のなか頑張って造成してます。
先日の大雨では冠水して大量のカブト幼虫が溺死しました。かさ上げすると冠水を嫌って上に移動します。
小さい頃から山にカブトやクワガタを取りに行っていましたが、自宅敷地でカブトが捕れるとは皆んな驚いています。
ここにどんぐりの朽ち果てた幹を置いておくと、不思議なことにクワガタが沸きます。クワガタは朽ち果てた幹に卵を産み付けますので、カブトと一緒でどこからともなく飛んで来ます。
私も炎天下で仕事してますと、熱中症でフラフラっと意識が飛びます。
 
 
 
生ゴミを堆肥にする。
2022-08-31
味彩あらいと自宅からでる生ごみを堆肥にします。板で筒を作り、その中に籾殻、生ゴミ、籾殻、生ごみと積み重ねて発酵します。魚の骨も夏場は1ケ月ほどでボロボロに砕けています。その筒の中にも沢山のカブト幼虫がいました。
堆肥は花園に与え、またカブトムシの用土として上積みしていきます。
一般的に生ごみは処分に困りますが、私としては生ごみはお宝です。魚料理が主体になりますので完熟した生ごみには豊富な魚粉が含まれています。生ゴミ発酵籾殻を畑に打ち込めばフカフカな土壌に変身します。
 
釣りよか動画「釣りよか1,000匹カブトムシ」の撮影現場
2022-08-28
カブトムシ繁殖場を来年用に整備して餌の用土を入れ込んでいたところ、幼虫がでるわ~出るわ~。
1坪に300匹以上の幼虫です。来年は3000匹以上が羽化するかも。
今年はスイカ畑でしたが、来年はメロン畑にしようかな~。釣りよかさん又来てくれるかな~。
動画「釣りよか1,000匹カブトムシ」ご覧ください。
 
アジサイ
2022-08-27
アジサイの繁殖に取り組んでいます。挿し木で増やします。主体はハイドランジアです。
挿し木から2年目で花が咲きます。挿し木で来年花を咲かせたいなら秋に花芽のついた枝を挿し木します。
底を抜いたプランターをそのまま地植えしています。目標は500株です。
 
ツルバラの剪定
2022-08-26
ナニワノイバラの生垣の夏剪定です。冬に再度強剪定します。
白の一重咲きのつるバラです。花盛期には真っ白の花が緑の葉を覆いつくします。
右写真は挿し木して2年のナニワノイバラです。樹勢が強く、2年でこれほど大きくなりました。
一般にバラ接ぎ木の台木は野ばらを使いますが、我が家ではナニワノイバラの挿し木を台木に使います。
4月下旬に圧巻のバラ生垣を載せます。お楽しみに。
 
味彩あらい蓮園
2022-08-25
ピンクの花が咲きました
八重咲の蓮の花です。夏の花見客に楽しんでもらっています。
 
蓮の花が開花
2022-08-19
雨が明けて蓮の花が開きました。
盛期は過ぎましたが、最盛期は数百の花が咲き乱れていました。
 
菖蒲園に突如シメジが生える
2022-08-18
菖蒲園にシメジが生えています。
これは、お米の乾燥貯蔵施設から出る籾殻に、シメジ生産業者の廃棄物キノコの菌床を混ぜあわせたもので、菌糸が成長して生えてきたものです。発酵籾殻を花の覆土として活用していますので、バラやボタンからもシメジが生えます。
ただ、まだ一度も食べたことはありません。
 
味彩あらい蓮園
2022-08-18
今年のお盆は多くのお客さんに蓮の花をプレゼントしました。
仏壇のお供え用として喜ばれました。
<<味彩あらい >> 〒842-0052 佐賀県神埼市千代田町姉1958-2 TEL:0952-37-6217 FAX:0952-34-6656